坂田隆著「「20世紀少年」の謎」公式ホームページ

謎1「サダキヨの顔をした少年は2人いる!?」

浦沢直樹氏の著作『20世紀少年』には、〔謎の存在に気づきにくい謎〕がある。〔謎が隠されている〕と言ってもよい。画をよく見、台詞(セリフ)をじっくり考えないと、謎を見つけられないのである。そういう謎が、本作の真髄を味わうためには、死活を制するほどに重要である。

〔隠されている謎〕の一つを述べよう。16巻第3話に次の場面が描かれている。(セリフはそのまま引用するが、画の説明にには私(坂田)の主観を含めて描写する。ご了承願いたい。)

フクベエが鏡に向かって、「君は……… 誰? サダキヨ…?」「くく…… 違うよ、くく……」「君は…… カツマタ君?」「くくく、違うよ。」「じゃあ 君は、誰?」「君は誰だ?」と自問している時、戸の外からフクベエを呼ぶ声がする。「ハットリく──ん。」フクベエが窓から見ると、〔サダキヨの顔をした少年〕である。

フクベエは、この〔サダキヨの顔をした少年〕に「なんでハットリって呼ぶんだよ。」と、厳しい表情で詰問する。

もちろん読者は、フクベエがこのように詰問するわけはご存知だろう。サダキヨは、「隣の学校でイジメにあって、今学期に僕らの学校に転校してきて、それでもやっぱりイジメられてるような気持ち悪い奴なんだ」(16巻第2話のフクベエのことば)と言われるような子である。

そのサダキヨがフクベエに「と…友達になってくれる………?」とお願いした時、フクベエは「友達になってあげてもいいよ。」と答えた。サダキヨは、〔信じていいの?!〕という心情を含みつつも驚喜に満ちた表情を見せた(16 巻第1話)。

サダキヨは、念願の友達関係を結ぶことができるのだから、喜ぶのは当然である。ただし、フクベエは「ただし、二度と僕の名前を呼ぶな。」と厳命し、「僕はフクベエでもなければハットリでもない。僕はただの“ともだち”だ。」(16巻第1話)と宣言した。

サダキヨは、〔フクベエを「フクベエ」「ハットリ」と呼んではならない。“ともだち”と呼ばねばならない〕という条件付きで、フクベエとの友達関係を保つことができるのである。サダキヨが心から欲しいと願っていた、友達。その友達を失わないようにと、サダキヨはフクベエの出した条件を厳守する。

たとえば、サダキヨはフクベエに「だよね? “ともだち”!!」とか、「“ともだち”と一緒なら何倍も楽しいよ。」と言う(16巻第2話)。これが、サダキヨがフクベエを呼ぶ時の正しい呼び方である。

ところが、この〔サダキヨの顔をした少年〕は、戸の外から、「ハットリく──ん。」と呼んだのである。フクベエが「なんでハットリって呼ぶんだよ。」と詰問するのも当然である。

予想される〔サダキヨの顔をした少年〕の返答は、〔あ! ごめんよ、“ともだち”って呼ぶんだった! うっかり忘れてたんだ。もう二度と“ともだち”以外の名で呼ばないから。ごめんよ〕などであろう。ところが本作で描かれている事実はそうではない。

詳しく記そう。

「ハットリく──ん。」と呼ばれたフクベエは戸を少し開け、「なんで呼ぶんだ。」と詰問する。
〔サダキヨの顔をした少年〕は、〔ハットリくんを「ハットリく──ん」と呼んで何が悪かったのだろう?〕というような表情で、「え…… あ……」とあいまいに受け答えする。

フクベエは、この〔サダキヨの顔をした少年〕を家の中に入れ、ことばを補って詰問する。
「なんでハットリって呼ぶんだよ。」 〔サダキヨの顔をした少年〕は、〔「ハットリ」(服部)という本姓で呼んだのがいけなかったのかな〕と思ったのだろうか、「いや… あ…… ご…ごめんよ フクベエ……」と、あだ名で呼び、〔これでいいのかな?〕というような表情を示す。

だが、フクベエは怒声で言う。「フクベエでもハットリでもない。僕は“ともだち”だって言ってんだろ!!」

ここに問題がある。一度ならず、二度までも、この〔サダキヨの顔をした少年〕は、フクベエの厳命を破った。そんなことをすれば、サダキヨは、やっと結べた友達関係を失ってしまうではないか。


ここで、謎1。

なぜ、この〔サダキヨの顔をした少年〕は、〔この厳命を破れば友達関係が破棄される〕ほど大切なフクベエの厳命を、一度ならず二度までも破ったのか。

答を言おう。

この〔サダキヨの顔をした少年〕は本物のサダキヨではないからである。

本物のサダキヨなら、大切な友達を失わないように、フクベエのことを“ともだち”と呼ぶはずだ。ところが、この〔サダキヨの顔をした少年〕は「ハットリく──ん」と呼び、「フクベエ」と呼ぶ。

なぜか。

この〔サダキヨの顔をした少年〕は、フクベエの厳命「二度と僕の名前を呼ぶな。僕はフクベエでもなければハットリでもない。僕はただの“ともだち”だ。」を、〔聞いたことがない〕のである。

本物のサダキヨはフクベエのこの厳命を聞き、それを守っている。だが、この〔サダキヨの顔をした少年〕は、フクベエの厳命を聞いたことがないから、フクベエを「ハットリ」「フクベエ」と呼んだのである。

すなわち、

この〔サダキヨの顔をした少年〕は、本物のサダキヨではない

ということである。サダキヨ本人の他に、サダキヨそっくりの少年がいるということである。

さらに言おう。

フクベエは、〔サダキヨの顔をした少年〕に対して、〔おまえ、いつもと声が違うな〕というようなことは言っていない。サダキヨ本人と、この〔サダキヨの顔をした少年〕は、顔だけでなく、声もそっくりなのである。

以下、本物のサダキヨをサダキヨAと呼び、サダキヨそっくりの別人をサダキヨBと呼ぼう(A・Bを省略することもある)。

謎1は解明されたようだが、ただちに新しい謎が生じる。

サダキヨBの正体は何者なのか?

これは、『20世紀少年』の基本構造に深くかかわる、きわめて重要な謎である。解説するには多くの紙数が必要になる。


20世紀少年の謎

20世紀少年

坂田隆著
『「20世紀少年」の謎』
本体1,200円+税
◆ご購入はビレッジプレスHPで
◆トップページへ

謎解きの国 もくじ


謎1「サダキヨの顔をした少年は2人いる!?」
謎2「理科室五人目の少年はどこへ行ったのか!?」
謎3「理科室五人目は理科室で何をしたのか!?」
謎4「理科室五人目は誰か!?」
謎5「なぜ世界大統領は〔ドンキーを眼前で突き落とした〕という記憶を持っているのか!?」
謎6「〔死んでよみがえる〕のは誰か!?」
謎7「サダキヨ本人と〔サダキヨそっくりの少年〕はどんな間柄か!?」
謎8「見分けのつかない二人のナショナルキッド仮面は誰と誰か!?」
謎9「バッヂ反陽子仮面は誰か!?」
謎10「ともだちBの正体は誰か!?」
謎11「ヴァーチャルアトラクションに現れた のっぺらぼう少年は誰か!?」
謎12「サダキヨBの正体は誰か!?」
謎13「ともだちBとフクベエは双子なのか!?」
謎14「なぜともだちBはフクベエそっくりなのか!?」
謎15「なぜ鏡に映る顔が のっぺらぼうになるのか!?」
謎16「なぜガラス戸に映るフクベエの顔がのっぺらぼうになったのか!?」
謎17「カツマタの素顔はどんな顔か!?」
謎18「なぜ〔世界滅亡・地球爆発〕の予言は的中しなかったのか!?」

20世紀少年の謎18 20世紀少年の謎17 20世紀少年の謎15 20世紀少年の謎16 20世紀少年の謎15 20世紀少年の謎14 20世紀少年の謎13 20世紀少年の謎12 20世紀少年の謎9 20世紀少年の謎10 20世紀少年の謎11 20世紀少年の謎2 20世紀少年の謎1 20世紀少年の謎 20世紀少年の謎3 20世紀少年の謎4 20世紀少年の謎5 20世紀少年の謎6 20世紀少年の謎7 20世紀少年の謎8