坂田隆著「「20世紀少年」の謎」公式ホームページ

謎7「サダキヨ本人と〔サダキヨそっくりの少年〕はどんな間柄か!?」

サダキヨ本人と〔サダキヨそっくりの少年〕

謎1に述べたように、サダキヨ本人の他に、〔サダキヨそっくりの少年〕がいる。そのことを簡略に再述しよう。  

16巻第1話に次の場面がある。  

フクベエ(ハットリとも呼ばれる)はサダキヨに「友達になってあげてもいいよ。」「ただし、二度と僕の名前を呼ぶな。」「僕はフクベエでもなければハットリでもない。」「僕はただの“ともだち”だ。」と厳命した。この後、フクベエの厳命を守り、フクベエを“ともだち”と呼ぶのがサダキヨ本人である。  

一方、16巻第3話には次の場面がある。  

ある少年がフクベエ宅を訪れて、「ハットリく──ん」と呼んだ。フクベエが窓から見ると、それは〔サダキヨそっくりの少年〕である。フクベエが「なんでハットリって呼ぶんだよ。」と詰問すると、その少年は困惑して、「いや… あ…… ご…ごめんよフクベエ……」と言った。  

フクベエは、サダキヨに〔二度と僕の名前を呼ぶな。」「僕はフクベエでもなければ、ハットリでもない。」と厳命した。にもかかわらず、〔サダキヨそっくりの少年〕はフクベエのことを「ハットリ」「フクベエ」と呼んだのである。  

これはなぜか。  

〔サダキヨそっくりの少年〕は、フクベエの厳命「二度と僕の名前を呼ぶな。」「僕はフクベエでもなければ、ハットリでもない。」を聞いたことがなかった。だから、〔サダキヨそっくりの少年〕はフクベエのことを「ハットリく──ん」「フクベエ」と呼んだのである。   

サダキヨ本人と〔サダキヨそっくりの少年〕は、顔はそっくりだが別人なのである。  

以下、サダキヨ本人をサダキヨAと呼び、〔サダキヨそっくりの少年〕をサダキヨBと呼ぶことにする(A・Bを省略することもある)。

フクベエの発案で、フクベエとサダキヨBは巨大なテルテル坊主を作り幽霊に見せかけようとする

サダキヨAはサダキヨ本人すなわち佐田清志その人である。では、サダキヨAとサダキヨBはどんな間柄なのか。  

サダキヨBの行動を追っていこう。  

16巻第3話に次の場面がある。  
サダキヨBはフクベエに〔首吊り坂屋敷に幽霊が出る〕と告げる。二人は首吊り坂屋敷に出かける。こわがるサダキヨBに対して、フクベエは「幽霊なんていやしないさ。」と言う。フクベエの発案で、階段の中ほどに大きなテルテル坊主をつり下げて、幽霊に見せかけようとした。

夜に首吊り坂屋敷に来たのもサダキヨB

16巻第4話に次の場面がある。  
深夜に、フクベエは、ケンヂ、オッチョ、ヨシツネ、モンちゃん、コンチたちとともに首吊り坂屋敷に行く。フクベエのことばによれば、「サダキヨはもう行ってるはずだ……」ということである。  

階段の下まで来たとき、フクベエは心の中で言う、  
「サダキヨ、うまくやれ。さっき電話で話したとおりにやるんだ。」「やれ、サダキヨ!! 動かすんだ、テルテル坊主を……!!」  

だが、モンちゃんたちは、テルテル坊主を見て大笑いして、「ただのバカでかいテルテル坊主じゃないか。」などと言う。  

その後、モンちゃん達は帰るが、オッチョは〔俺たちはちょっと上を見てくる〕と言ってケンヂと一緒に二階へ行く。しばらくして、ケンヂとオッチョは  
ギャアアア!! 出たあ!!
と叫んで二階から走り降り、屋敷の外へ出る。そして二人は  
「本物の幽霊見た!!」
と言う。  

フクベエとサダキヨも屋敷の外へ走り出て、茂みに隠れる。フクベエは、ケンヂたちが「本物の幽霊見た!!」と言うのを聞いて、「僕も見たい。僕に見えないわけがない……」と言って屋敷の中に戻ろうとする。  
サダキヨは「幽霊なんていないって言ってたじゃないか!!」と言って、フクベエを止めようとする。  
さて、初めに首吊り坂屋敷に入る時、フクベエはサダキヨに「幽霊なんていやしないさ。」と言ったのだが、そのサダキヨはフクベエに〔首吊り坂屋敷に幽霊が出る〕と言ったサダキヨだから、サダキヨBである。  

そして、深夜に首吊り坂屋敷に入る時、サダキヨはフクベエに「幽霊なんていないって言ってたじゃないか!!」と言ったが、これは初めに首吊り坂に入った時のフクベエのことば「幽霊なんていやしないさ。」を受けたものである。   

だから、深夜に首吊り坂屋敷に入ったサダキヨは、初めに首吊り坂屋敷に入ったサダキヨと同一人物である。初めに首吊り坂屋敷に入ったサダキヨはサダキヨBだから、深夜に首吊り坂屋敷に入ったサダキヨもサダキヨBである。

 サダキヨAとサダキヨBは円滑に意思疎通のできる間柄

私が注目したいのは、深夜に首吊り坂屋敷に入る前に、フクベエがサダキヨに電話していることである。  

フクベエが電話したサダキヨはサダキヨAか、サダキヨBか。  

フクベエは、サダキヨBの存在を知らない。フクベエは、〔サダキヨの顔をした人物はサダキヨ本人しかいない〕と思っている。だから、フクベエが電話をかけたのはサダキヨ本人すなわちサダキヨAに対してである。  

それなら、サダキヨAが首吊り坂屋敷に来そうなものである。ところが、上に述べたように、実際に来たのはサダキヨBだった。  

これはどうしたことか。  

フクベエから電話で状況を聞いたサダキヨAは、そのことをサダキヨBに伝えたのである。そして、サダキヨBだけが首吊り坂屋敷に行くことになったのである。  
このことから、次のことが言える。   

サダキヨAとサダキヨBは円滑に意思疎通のできる間柄だ。

サダキヨBはサダキヨAの上ばきを履いてきた

16巻第5話79ページなどを見ると、サダキヨの上ばきは先端が塗り分けられている。その色について、9巻第1話のヴァーチャルアトラクションの中で、ヨシツネが小泉響子に次のように言っている。「僕、わかってんだ。」「あいつ、一学期に転校してきた奴だよ。僕らの上ばきはつま先が黄色なんだ。ゆうべのあいつは前の学校のまま緑色だったろ?」

ヴァーチャルアトラクションの中のことだから真実だという保証はない。だが、仮に真実だとすると、もしくは、作者の真意がこの場面に描かれているとすると、次のことが言える。  

16巻第2話で、フクベエがサダキヨに「隣の学校でイジメにあって、今学期に僕らの学校に転校してきて、」と言っていることからわかるように、〔一学期に転校してきた奴〕というのはサダキヨ本人すなわちサダキヨAである。  

一方、深夜に首吊り坂屋敷に来たサダキヨは、上述のように、サダキヨBである。そして、深夜に首吊り坂屋敷に来たサダキヨBは、〔前の学校〕の上ばき、すなわちサダキヨAの上ばきを履いていた。  

ということは、  

サダキヨBは、サダキヨAから〔フクベエ、ケンヂたちが夜に首吊り坂屋敷に行く〕と聞いて、サダキヨAから〔前の学校〕の上ばきを借りた

ということである。その周到さもたいしたものだが、注目したいのは次のことである。  

サダキヨBはサダキヨAから前の学校の上ばきを借りられるほどに親しい間柄である。  

私は、先に、〔サダキヨAとサダキヨBは円滑に意思疎通のできる間柄〕だと述べたが、ここでは、〔サダキヨBはサダキヨAから前の学校の上ばきを借りられるほどに親しい間柄〕だということがわかった。つまり、   

サダキヨAとサダキヨBは親密な間柄である。  

このことを用いれば、サダキヨBの正体に近づくことができる。そのことは謎8以下で述べよう。


20世紀少年の謎

20世紀少年

坂田隆著
『「20世紀少年」の謎』
本体1,200円+税
◆ご購入はビレッジプレスHPで
◆トップページへ

謎解きの国 もくじ


謎1「サダキヨの顔をした少年は2人いる!?」
謎2「理科室五人目の少年はどこへ行ったのか!?」
謎3「理科室五人目は理科室で何をしたのか!?」
謎4「理科室五人目は誰か!?」
謎5「なぜ世界大統領は〔ドンキーを眼前で突き落とした〕という記憶を持っているのか!?」
謎6「〔死んでよみがえる〕のは誰か!?」
謎7「サダキヨ本人と〔サダキヨそっくりの少年〕はどんな間柄か!?」
謎8「見分けのつかない二人のナショナルキッド仮面は誰と誰か!?」
謎9「バッヂ反陽子仮面は誰か!?」
謎10「ともだちBの正体は誰か!?」
謎11「ヴァーチャルアトラクションに現れた のっぺらぼう少年は誰か!?」
謎12「サダキヨBの正体は誰か!?」
謎13「ともだちBとフクベエは双子なのか!?」
謎14「なぜともだちBはフクベエそっくりなのか!?」
謎15「なぜ鏡に映る顔が のっぺらぼうになるのか!?」
謎16「なぜガラス戸に映るフクベエの顔がのっぺらぼうになったのか!?」
謎17「カツマタの素顔はどんな顔か!?」
謎18「なぜ〔世界滅亡・地球爆発〕の予言は的中しなかったのか!?」

20世紀少年の謎18 20世紀少年の謎17 20世紀少年の謎15 20世紀少年の謎16 20世紀少年の謎15 20世紀少年の謎14 20世紀少年の謎13 20世紀少年の謎12 20世紀少年の謎9 20世紀少年の謎10 20世紀少年の謎11 20世紀少年の謎2 20世紀少年の謎1 20世紀少年の謎 20世紀少年の謎3 20世紀少年の謎4 20世紀少年の謎5 20世紀少年の謎6 20世紀少年の謎7 20世紀少年の謎8